▲topへ

グレイス
ウィルス

強毒性のインフルエンザは起こる?

新型インフルエンザ被害の歴史


周期的に新型インフルエンザは発生

専門家は、

新型インフルエンザは「(起こるかどうか) if 」ではなく、

「(いつ起こるか) when 」!

「H5N1・H7N9パンデミックは必ず出現し、

1週間で世界同時多発する。」と警告!!






パンデミックになる可能性の高いウィルスがH7N9

国立感染症研究所がウイルスの変異状況を説明、平成26年3月28日
追加の変異によりパンデミックを起こす可能性に言及
• ヒト分離ウイルス15株の全てのHA遺伝子は、ヒト型のレセプターへの結合能を上昇させる変異を有しており、このことはin vitroのレセプター結合実験でも確認された。
しかし、これら分離株は、トリ型レセプターへの結合能も併せて保持しているため、まだ継続的にヒトーヒト間で感染伝播するまでにはヒト型に馴化していないと判断される。
しかし、追加の変異によってその能力を獲得する可能性があるので、パンデミックを起こす可能性については、鳥インフルエンザウイルスA(H5N1)よりも高いと推定される。

• PB2遺伝子を解析したヒト分離ウイルス11株のすべてに、RNAポリメラーゼの至適温度を鳥の体温(41℃)から 哺乳類の上気道温度(34℃)に低下させる変異が観察された。

• ヒト気管支上皮細胞を用いたウイルス増殖実験から、ヒト分離ウイルスは鳥分離ウイルスより33℃での増殖性が高く、これらの株については、ヒト上気道に感染しやすく、また増殖しやすいように変化していることが確認された。


香港大学の研究者が英科学誌ネイチャー掲載、平成27年3月11日
研究では、香港大学のYi Guan氏が率いるチームが、中国の5省15市で、H7N9型インフルエンザの進化と拡大を調査。
ウイルスが鶏の間でしばしば突然変異し、パンデミックに発展する可能性のある遺伝子変異を獲得しながら存続、 多様化、拡大していることが分かった。
人での再発の恐れが強まっており、脅威が増大しているという。

安倍総理はじめ全閣僚が参加し、(H7N9)パンデミックを想定した訓練実施
平成27年11月27日

• 平成25年3月31日に中国政府が3名の感染者を公表
• 以後現在までの発生状況は下記の通り
*感染が確定した者  722名(WHO平成28年2月25日時点の発表)
*死亡者       282名(WHO平成28年2月25日時点の発表)


内閣官房新型インフルエンザ等対策室、平成28年3月9日)より転載


インフルエンザと鳥インフルエンザ

インフルエンザの違い
(1)通常のインフルエンザ(季節性インフルエンザ)


通常のインフルエンザは、主にA 型、B 型に分類される
季節性インフルエンザウイルスによる感染症で、風邪よりも比較的急速に高熱・悪寒・筋肉痛・全身倦怠感などを発症します。
通常のインフルエンザは、ワクチンを接種しておくことで、感染しても重症化を防ぐことができます。
この通常のインフルエンザには、毎年約1,000 万人が感染しています。

(2)鳥インフルエンザ


鳥インフルエンザとは、主に鳥類の間で流行するインフルエンザのことです。
この鳥インフルエンザウイルスに感染した鳥類やその死骸と接触することで、まれに人に感染することがあります。
現在までに、H5N1 型、H9N2 型、H7N7 型などの鳥インフルエンザウイルスの人への感染が確認されています。

(3)新型インフルエンザA(H1N1)


2009 年に流行した弱毒性の「新型インフルエンザ」新型インフルエンザA(H1N1)とは、
従来、豚が感染していた豚インフルエンザA(H1N1)ウイルスが、
「人から人」へと感染できるものに変異した 新型インフルエンザウイルスに感染して起こる病気のことです。
この新型インフルエンザA(H1N1)は、季節性インフルエンザと類似する点、異なる点があるため、
その特徴をきちんと理解し、対応しておくことが重要となります。


新型インフルエンザウイルス(H5N1)とは


H5N1鳥インフルエンザウイルスが、 人から人へと効率よく感染できるよう変異したウイルスのことです。 この新型インフルエンザウイルス(H5N1)に人が感染して起こる病気を、 新型インフルエンザ(H5N1)といいます。 新型インフルエンザ(H5N1)に対して人は免疫を持っていないため、 新型インフルエンザ(H5N1)が人から人へと容易に感染して広がり、 世界的な大流行(パンデミック)を起こす危険性があります。



新型インフルエンザ
大正時代、ウイルスが新型に変異し全世界を襲った。 日本では関東大震災の約5倍である45万人の死者を出す。 与謝野晶子の家族も次々と倒れた。全滅した村もある。 スペイン風邪である。 数十年に一度の大流行は歴史の必然。 明日かも知れない。



シルトマスク
マスクの三層面に抗ウイルス素材が固着されています。 咳やくしゃみなどのウイルス飛沫が付着しても、瞬時に 不活化してしまいます。安心安全です。



「Pm2.5」
「Pm2.5」より小さい粒子は気管に入り、急性気管支炎や喘息などの 呼吸器疾患を引き起こす。「PM0.5]より小さな粒子は気管を通過、肺胞に侵入、血液に流入し 重篤な心臓疾患を引き起こす。。中国では年間数百万人が命を落としていると聞く。



楽マスク
PM2.5は勿論PM0.5も、ほぼ完璧。 呼吸が楽、空間が広い、口紅が付きにくい、 理想的なマスクです。