抗ウィルスマスク 株式会社グレイス

BCP(事業継続計画)

事業継続計画 の 基本原則

BCP(事業継続計画)とは、自然災害、大火災など緊急事態において、 業務が途切れないよう、
損害を最小限にとどめつつ、 事業の継続、
早期に復旧するために、 方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

基本原則
(1)企業活動を維持・継続し、社会的責任(CSR)を果たす。
(2)企業の経済被害を最小限にとどめる。
(3)従業員及びその家族、顧客、取引業者の健康・安全を維持・確保する。
(4)政府・地方、地域の準備・訓練・対応計画などに協力し、緊急時には自社の利益より社会全体のための対応を優先する。

発生前の準備
①危機管理体制の確認(対策本部設置、連絡体制構築)
②情報収集及び周知方法の確立
③業務運営体制の検討
④感染予防の事前措置(手洗いの励行、マスクの正しい知識と着用、設備の洗浄・消毒等)
⑤物品の備蓄(マスク、手袋、消毒用アルコールなど)
⑥ 社会機能維持に関わる事業における業務継続の検討

発生直後の対応
①情報収集及び周知
②感染拡大予防の措置(会議・研修等の中止・延期、電話・TV会議への変更)
③海外勤務、海外出張する従業員などへの感染予防措置
④予防的措置の啓発(咳エチケット、健康状態の自己把握など)

発生拡大時の対応
①情報収集及び周知
②業務運営体制の検討(必要に応じた業務の縮小、従業員の自宅待機など)
③感染拡大予防の措置
④予防的措置の啓発の強化
⑤社会機能維持に関わる事業における業務継続のための体制